←前の記事 次の記事→

【ECC】E-Currency Coin(イーカレンシーコイン)

様々な機能を備え付けたカスタムブロックチェーンソリューション。


Translate this article in English

【ECC】E-Currency Coin(イーカレンシーコイン)
E-CurrencyCoin

通貨名(通貨単位):E-Currency Coin(ECC)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):22,441,879,505 ECC

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Scrypt)

公開日:2015年3月30日

公式サイト:https://www.cryptounited.io/

ソースコード:https://github.com/Greg-Griffith/ECCoin

Blockchain Explorer(取引詳細):http://blockexperts.com/ecc

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1006830

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/eccoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 通常の支払いだけでなく、ファイルを保存したり、メールやメッセージを送受信可能。
  • ファイルストレージ機能が搭載予定。
  • 商品とサービスのECCを受け入れるマーチャントインテグレーションも搭載予定。

概要

人々が成長するための肯定的なコミュニティを創造しようと努力しています。
人々が成長するための肯定的なコミュニティを創造しようと努力しています。

イーカレンシーコインとは

イーカレンシーコインを開発しているCryptoUnitedでは、暗号通貨とブロックチェーン技術について積極的に研究しています。

従来の支払いの代替ソリューションとしてE-Currencyコインを開発し、このコインを特別なものにするために、ネットワークの機能面だけでなくコイン自体も発展させようとしています。

イーカレンシーコインは通常の支払いだけでなく、ファイルを保存したり、メールやメッセージを送受信したりすることができます。

チーム

私たちのチームは2013年以降、ビットコインやその他オルトコイン(Altcoin)のコミュニティプロジェクトで個別に作業していたさまざまなコミュニティメンバーから構成されています。

過去4年間にグローバルコマース市場で強固な基盤を確立しようとするブロックチェーンコミュニティの闘いを見て、我々は2016年秋に暗号チームを創設することにしました。

“CryptoUnited”の原動力は、B2B、B2P、およびP2Pアプリケーション向けのカスタム『ブロックチェーン』ソリューションを提供します。

コインコアアップグレード

大規模なコードベースと、大規模なコードリファクタ、メッセージングのアップグレード、GUIの更新、プロジェクトへの将来のノードの差別化を可能にするための機能の追加、およびその他のマイナーな技術的な問題/バグ修正を含むウォレットへのguiアップデートで構成されます。

ファイルストレージ

ブロックチェーンを使用したファイルストレージが実装されると、ユーザーはチェーンを使用して暗号化されたファイルを保存し、必要に応じてそれらを取得できます。

これはECCが必要となります。

自分のキーを提供したり、キーにファイルを送信したりしない限り、他の人があなたのファイルを閲覧することはできません。

他のユーザーのファイルを保存するのに十分な空き容量がある限り、誰でもストレージサーバーを有効にしたノードを実行できます。

ユーザーがファイルを保管すると、それらは分割され、複数のノードに保管されるため、ノードの1つがオフラインの場合でもファイルは取り出せます。

ストレージノードを実行するには、ピアからの着信接続を受け入れることができなければなりません。

ピア情報を得て、接続が着信していないことに気づいた場合は、ファイアウォール/ルーターの設定を調整する必要があります。

ブロックチェーン上のメッセージング/メール

これはファイルストレージ後に追加されます。

これを簡単にするために、ある種の命名システムが実装されますが、メッセージングがどのように機能するかについての詳細は未定です。

将来的にモバイルウォレット、商品とサービスのECCを受け入れるマーチャントインテグレーションも搭載予定です。

▲ サイト最上部へ移動 ▲