←前の記事 次の記事→

【DCT】DECENT(ディーセント)

データ売買可能な分散型コンテンツ配信プラットフォーム。


Translate this article in English

【DCT】DECENT(ディーセント)
DECENT

通貨名(通貨単位):DECENT(DCT)

最大供給量:73,197,775 DCT

現在の供給量(記事作成時):51,306,089 DCT

システム(アルゴリズム):Delegated Proof of Stake

公開日:2015年8月26日

公式サイト:https://decent.ch/

ソースコード:https://github.com/DECENTfoundation

Blockchain Explorer(取引詳細):https://explorer.decent.ch/

ホワイトペーパー:https://decent.ch/media/documents/decent-whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1162392.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/decent/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ブロックチェーンを使用した分散型コンテンツ配布プラットフォーム。
  • ネットワークに公開できるメディアの種類は制限が存在しない。
  • 内部には基盤となる暗号技術の多くを使用。

概要

私たちの目的はインターネット上のデータ配信に革命を起こすことです。(DECENT: Blockchain Content Distribution Platform http://decent.ch)

ディーセントとは

ディーセント(DECENT)はオープンソースであり、セキュリティを確保するためにブロックチェーンを利用する分散型コンテンツ配布プラットフォームです。

これは新しいパブリッシングを生み出します。

集中型ネットワーク(Decentralized Network)

安全かつ安全に(Encrypted and Secure)

配布システム(Content Distribution System)

第三者の排除(Elimination of 3rd Parties)

オンラインパブリッシングの新しい方法(New Way of Online Publishing)

タイムスタンプ付きデータレコード(Timestamped Data Records)

私たちの意図は、インターネット上のデジタル配信に革命を起こすことです。

ディーセントネットワーク

ディーセントネットワークは、分散化されたオープンソースのコンテンツ配信プラットフォームであり、ブロックチェーン技術を使用しています。

ブロックチェーン技術は、暗号を埋め込むことで信頼とセキュリティを保証します。

おそらく、このブロックチェーン技術の実装の最大のメリットは、出版されたコンテンツの不変なストレージであり、あらゆる種類の仲介者(出版社など)による操作や影響を排除できます。

小さなコンテンツでは、販売時点で売り手だけが集めた手数料を使って直接コンテンツを作成して配信できるようになりました。

技術面に加えて、ネットワーク全体の現実の相互作用を支配する経済的および社会的なプロトコルがあります。

トランザクションを実行可能で使いやすい暗号トークンにするために、DCTが実装されています。

暗号化されたDCTトークンは、攻撃を緩和し、資金調達を促進し、トランザクションの検証を保証します。

他のコンテンツ配信プラットフォームの開発不足とは異なり、ディーセントネットワークに公開できるメディアの種類は事実上制限がありません。

それは歌、本、記事、ビデオ、ソースコード、または何か実際にはほとんどあらゆる形式である可能性があります。

技術的な詳細

ディーセントはいくつかの機能層を組み合わせています。

1つの層が分散ストレージを担当します。

私たちはTriblerプロジェクトの結果を基に、検索可能性の証明などの独自の拡張機能を追加し、コンテンツの人気に基づいて自動的に拡大縮小する、拡張性と匿名性を備えた分散ストレージを提供します。

もちろん、ソリューションの中心はブロックチェーンです。

コンテンツの公開、コンテンツの購入、フィードバックの提供など、ユースケースのためにいくつかのプロセスと関連するトランザクションを設計し、微調整しています。

これらには復号鍵の共有やゼロ知識証明(ZKP – Zero Knowledge Proof)など、すべての仕事をするために内部の基盤となる暗号技術の多くを使用します。

最後は重要なことではありませんが、ユーザーエクスペリエンスは推奨事項なしでは完全ではありません。

ブロックチェーンではすべてのデータが利用できるため、データマイニングを実行して最適なコンテンツを見つけることができます。

DECENT財団はクライアントのために、独自のレコメンドエンジンを組み込むことを計画していますが、それは完全にユーザー次第です。

コンテンツ公開、購入プロセス

コンテンツを作成すると、作成者のクライアントはそれを暗号化し、おそらく無料のプレビューを追加し、コンテンツパッケージを作成します。

このパッケージは、パブリッシャーおよびマイナーで匿名で共有されます。

これらの人々には、暗号化キー共有が与えられます。

著者のウォレットは、出版のための特定の金額の借方に借方記入され、後で(回収可能性の証明に基づいて)コンテンツを保存するためのサイト運営者に送信します。

この方法でマイナーは、ディスクスペースをコミュニティと共有するようにインセンティブを与えられます。

2番目のユースケースはコンテンツを購入するケースです。

消費者は利用可能なオファーを閲覧し、推奨エンジンの提案に基づいて、無料のプレビューを確認することができます。

ユーザーは購入することを決定すると、暗号化された部分をダウンロードし、ブロックチェーンを介して暗号化キーを取得します。

これはエスクローとゼロ知識証明とブロックチェーンベースのスマートコントラクトなどの不正行為を避けるためにいくつかの興味深い手法を使用する最も難しい部分です。

最後に、消費者は評価の形で著者にフィードバックを提供することができます。

これはブロックチェーンベースのトランザクションでもあります。

▲ サイト最上部へ移動 ▲