←前の記事 次の記事→

【CRB】Creditbit(クレジットビット)

イーサリアムブロックチェーン上に構築された、暗号通貨エコシステム。


Translate this article in English

【CRB】Creditbit(クレジットビット)
Creditbit

通貨名(通貨単位):Creditbit(CRB)

最大供給量:100,000,000 CRB

現在の供給量(記事作成時):11,874,588 CRB

システム(アルゴリズム):Proof of Work(X11)+Proof of Stake+Proof of Trust

公開日:2015年11月4日

公式サイト:https://www.creditbit.org/

ソースコード:https://github.com/creditbit

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xAef38fBFBF932D1AeF3B808Bc8fBd8Cd8E1f8BC5

ホワイトペーパー:https://www.creditbit.org/downloads/WHITEPAPER-CREDIT2.0_2FINAL.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1237511.0

公式フォーラム:https://forum.creditbit.org/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/creditbit/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • Proof of Trustを採用したイーサリアムブロックチェーン上の暗号通貨。
  • 通貨を一定期間ロックすることで新たな通貨を獲得可能。
  • 様々な暗号化エコシステムを構築。

概要

イーサリアムブロックチェーンをホストするイーサリアムトークン。(Cryptocurrency Creditbit)

クレジットビットとは

クレジットビットは2015年12月に設立した、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたビットコイン(Bitcoin)のような分散型暗号通貨です。

これは、秘密鍵と公開鍵のユニークな組み合わせで表されるイーサリアムデジタルウォレット間で保持または処理することができます。

技術的には、クレジットビットは、公開デジタル元帳であるイーサリアムブロックチェーンをホストするデジタルイーサリアムトークンです。

実際には、クレジットビットは、所有者によって管理されるイーサリアムアドレス(ウォレット)の間で交換および取引することができます。

更にスマートコントラクトは、クレジットビットトークンのルールのセットで、単なる残高や取引以外の多くの機能を備えています。

最も顕著な機能の1つは、トークン所有者が発行されたトークンの配布と投票に関与することを可能にするロックメカニズムであるProof of Trustです。

Proof of Trustでは、所有者がある期間クレジット・ビットをロックして報酬を得ることができます。

この通貨の発行は、中央機関や中央銀行を通じて規制されるのではなく、自主的な施策のプロセスを通じて規制されています。

各所有者は、一定期間、トークンを(一部)ロックして報酬を得る機会がありますが、これは投資債券の利回りと同様です。

CRB(Creditbit Token)の交換価値は、主にオンライン取引所で決定されます。

オンライン取引所では、トークンを購入または販売することができます。

Credit2.0プロジェクト

credit2とも呼ばれるCredit 2.0は、クレジットビット(CreditBit)開発ロードマップの名前であり、また、CreditBit Development Teamの親プロジェクトです。

このプロジェクトの主な目的は、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上に構築されたトークンに基づいた暗号通貨エコシステムを開発し、維持することです。

このプロジェクトは、2017年1月1日に新しい開発チームを導入して開始されました。

プロジェクトはオープンソースと継続的な開発原則に基づいており、他にも子プロジェクトであるCreditMCまたはCreditGAMEも構成されています。

このプロジェクトはより技術的な開発面を対象としていますが、分散型自治組織(DAO – Decentralized Autonomous Organization)はコミュニティ、社会、マーケティング、意思決定プロセスの開発を担当します。

プロジェクトの第1段階は別のプラットフォームへの移行で締結され、CRBIT、ビットコイン(Bitcoin)クラスのコインはイーサリアムベースのトークンに置き換えられます。

暗号化エコシステム

クレジットビットには様々なシステムが存在しています。

クレジット2.0

第2の開発ロードマップであり、親開発プロジェクトでもあります。

クレジットビット

オープンソースプロジェクトで通貨およびコミュニティ名です。

CreditDAO

クレジットビットエコシステム内の分散組織。

Proof of Trust

所有者がトークンや投票のためにトークンをロックする概念。

CreditGAME

新しく発行されたトークンの楽しく革新的なトークン。

CreditDENTITY

ユーザーが住所と公衆の身元を結ぶことを可能にする契約。

CreditBAY

分散型商品市場を形成する分散型アプリケーション。

トークンの機能

イーサリアムブロックチェーン上に構築された暗号通貨。

▲ サイト最上部へ移動 ▲