←前の記事 次の記事→

【CDT】CoinDash(コインダッシュ)

暗号通貨資産を管理する多機能プラットホーム。


Translate this article in English

【CDT】CoinDash(コインダッシュ)
CoinDash

通貨名(通貨単位):CoinDash(CDT)

最大供給量:1,000,000,000 CDT

現在の供給量(記事作成時):550,083,414 CDT

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年3月18日

公式サイト:https://www.coindash.io/

ソースコード:https://github.com/CoinDashio

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x2fe6ab85ebbf7776fee46d191ee4cea322cecf51

ホワイトペーパー:https://www.coindash.io/coindash-whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1831969.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/coindash/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 主流ユーザーに対話型の処理および取引用の暗号通貨資産にアクセスさせるプラットホーム。
  • 様々な機会発見と流通取引UXを中心に構築されたマーケット。
  • ソーシャル取引機能は、新規および既存の暗号ユーザーの障壁を排除し、トップ投資家に従う。

概要

コインダッシュは暗号資産のオペレーティングシステムです。(CoinDash – into the future of trading (En))

コインダッシュとは

コインダッシュ(CoinDash)の目標は、統一されたプラットフォームとUXを介して、主流のユーザーに、対話型の処理および取引用の暗号通貨資産にアクセスできるようにすることです。

ブロックチェーン技術の最大の用途の1つは、新しい暗号資産を作成する能力です。

このような資産は、新しいモデルの参入を可能にし、24/7取引可能であり、規制がずっと少なく、作成が容易であるため、伝統的市場への代替投資チャネルになりつつあります。

過去数年間、取引量、時価総額、および暗号トークンを使用するプロジェクトの数が劇的に増加しました。

ブロックチェーン技術は真の課題を提示し、経験のあるブロックチェーンユーザーからの習得が急務です。

適切なツールが不足しているため、暗号資産の相互作用、管理、投資に障壁が生じます。

ポートフォリオ管理のようなツールは、暗号通貨資産を管理して操作するために不可欠な部分です。

コインダッシュではユーザーの投資の実績と状況を深く把握し、データ主導の意思決定に役立ちます。

社会的相互作用は暗号世界の重要な部分であり、プロジェクトはコミュニティと彼らが作成するネットワークによって昇り降りることができます。

コインダッシュのソーシャル取引機能は、新規および既存の暗号ユーザーの障壁を排除し、トップ投資家に従うことを可能にします。

そしてコインダッシュの市場は、リアルタイムソーシャルトレーディングシグナル、ICOダッシュボード、トレンド資産、リアルタイム市場価格表、サードパーティ統合などの機会発見と流通取引UXを中心に構築されています。

ユーザーに財務的価値をもたらすコインダッシュプラットフォームのすべての機能は、料金を支払う必要があります。

機能の使用を容易にし、財務的価値をもたらすすべてのユーザーは、支払いを受ける資格があります。

これにより、システム内のユーザー間にクリエイターと消費者の関係が形成されます。

ユーザーは同時にクリエイターとコンシューマーになることができます。

コインダッシュは、プラットフォーム上のすべての料金を支払うために使用されるトークンを起動します。

これは、プラットフォームの成功とトークンの価値との間に直接の相関関係を作り出します。

プラットフォームを使用する人が多くなればなるほど、手数料が高くなればなるほど、トークンが購入されることになり、最終的にトークンの価格が上昇します。

▲ サイト最上部へ移動 ▲