←前の記事 次の記事→

【CVC】Civic(シヴィック)

マルチファクタ認証を行うセキュアアイデンティティプラットフォーム。


Translate this article in English

【CVC】Civic(シヴィック)
Civic

通貨名(通貨単位):Civic(CVC)

最大供給量:339,309,335 CVC

現在の供給量(記事作成時):1,000,000,000 CVC

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年5月31日

公式サイト:https://www.civic.com/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/civic

ホワイトペーパー:https://tokensale.civic.com/whitepaper

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1942882.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/civic/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • モバイルデバイス上のブロックチェーンとバイオメトリックによる分散アーキテクチャを採用。
  • 個人データや物理的なハードウェアトークンなしでマルチファクタ認証を提供。
  • 従来のID検証の一部またはすべてを置き換える。

概要

Civicは革新的なブロックチェーンベースの技術の次の進化をリリースしています。 (Civic Secure Identity Platform)

セキュアアイデンティティプラットフォーム

私たちのプラットフォームであるシヴィック(Civic)は、モバイルデバイス上のブロックチェーンとバイオメトリックによる分散アーキテクチャを採用しており、ユーザー名、パスワード、第三者オーセンティケータ、または物理的なハードウェアトークンなしでマルチファクタ認証を提供します。

ユーザー認証は、組織が今日直面しているセキュリティ上の脅威の増大です。

ID盗難とデータ侵害の件数が毎年新たな高まりを遂げているため、企業はサーバー上のトランザクションが本物であることを保証するために何百万ドルもの犠牲を払っています。

ハッカーはアイデンティティを盗んで正当な顧客に偽装し、何千ドルもの詐欺行為を犯します。

検証済みのIDデータをシヴィックアプリに提供することで、新しいアカウントの作成を簡素化できます。

このサービスはFacebookのログインと同じように聞こえるかもしれませんが、シヴィックのセキュアプライベートサインアップ(SPS)とセキュアプライベートログイン(SPL)は、データトランザクションのプライバシーとユーザーアイデンティティの信頼性の両方を提供します。

SPSを利用することで、IDデータの真の所有者が新しいアカウントを作成することを確実にすることができます。

CivicのSPLを使用すると、ユーザー名やパスワードを使わなくても、ユーザーがWebアプリやモバイルアプリにログインできるようになります。

SPLは、弱いパスワード、パスワードリセットの脆弱性、従来の2要素認証の手間をかけずに、優れたユーザーエクスペリエンスとマルチファクタ認証を提供します。

動作方法

個人がシヴィックアプリをダウンロードし、Civic Business Customerの要件に合わせてカスタマイズされたID検証プロセスを完了します。

このプロセスは、個人識別情報(PII)を検証して、Civic Business Customerが要求する信頼レベルを確立するのに十分なデータでIDの所有権を保証します。

つまり、より高いレベルの信頼を確立するために、より多くのPIIを収集することができます。

そしてパスポート、運転免許証、社会保障番号のスキャンを行います。

Civic Business Customerが本物で同一であることを確認する場合にのみ、電子メールと携帯電話番号のみが新規ユーザー用に収集されます。

アイデンティティ検証と収益化

アイデンティティデータがユーザによって提供されると、シヴィックは、電話、クレジット、ソーシャルメディア、およびその他の公共レコードに対して送信されたデータを認証するために、複数のID検証サービスプロバイダを使用します。

多くの情報源を不正検知アルゴリズム、手動監査、独自の社内意思決定エンジンと組み合わせることで、不正な行為のリスクを軽減しながら正当なユーザーに高い合格率を維持します。

Civic Business Customerは、シヴィックではなくCivic Identity Partnerによって以前に検証されたIDデータを受け入れることを決定する場合があります。

たとえば、電子商取引プロバイダは、金融機関のID検証プロセスを信頼することができ、したがって、そのデータをID要件に応じて受け入れることができます。

もう1つの例は、シヴィックプラットフォームを使用して、パスポートや運転免許証などのデジタルIDデータをシヴィックアプリに直接発行する政府エンティティです。

誰かがシヴィックのメンバーとして検証された場合、そのアイデンティティは、他のCivic Business Customersで再利用され、従来のID検証の一部またはすべてを置き換えます。

これにより、市民アイデンティティパートナーは、ユーザーの確認済みのIDデータで収益を得る機会を得ることができます。

シヴィックアーキテクチャーを使用してブロックチェーン上で認証されたIDデータを発行する場合、シヴィックメンバーはそのデータをCivic Business Customerと共有してIDのリアルタイム認証を行うことができます。

Civic Business Customerは、Civic Identity Partnerと共有される少額の料金を支払って、自分の認証を行うためにより高い料金を支払うことを避けます。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。