←前の記事 次の記事→

【CHC】ChainCoin(チェーンコイン)

現行の銀行業務の代替を目標として誕生した暗号通貨。


Translate this article in English

【CHC】ChainCoin(チェーンコイン)
ChainCoin

通貨名(通貨単位):ChainCoin(CHC)

最大供給量:23,000,000 CHC

現在の供給量(記事作成時):14,873,094 CHC

システム(アルゴリズム):Proof of Work(C11)

公開日:2014年1月19日

公式サイト:http://www.chaincoin.org/

ソースコード:https://github.com/chaincoin

Blockchain Explorer(取引詳細):https://minkiz.co/acme/chc

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=422149.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/chaincoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 現行の中央銀行業務に代わるためのアプリケーション。
  • 複数のブロックチェーンを連鎖して、分散型のウォレット交換を提供する。
  • アプリケーションのライブラリを開発して、チェーンコインのコミュニティをさらに強化する。

概要

ChainCoinは、集中銀行からの自由を提供する通貨であり、現実世界でデジタル通貨を使用できるようになります。(ChainCoin – The future of money)

チェーンコインとは

チェーンコイン(ChainCoin)は現行の中央銀行業務に代わるものにするために、現実世界の分散アプリケーションとして誕生しました。

銀行取引や自己資金のコントロールについては、選択肢が限られています。

しかし、デジタル通貨の出現に伴い、選択肢があります。

チェーンコインは2014年に設立された通貨で、中央銀行による自由化により、現実世界でデジタル通貨を使用することができます。

これはあなたにとってどういう意味でしょうか?

チェーンコインはあなたの地元の銀行として使いやすく、お金を入れ、お金を引き出し、あなたのお金として使用できます。

あなたのチェーンコインはあなたのために24時間体制で働きます。

こうしたことはすべて、現在の集中型銀行業務以外で発生するため、これまで以上に資金の自由度が増します。

プロジェクトXチェーン

ブロックチェーンネットワークは分散化されていますが、現実世界での使用を可能にするサービスの多くは依然として集中管理されています。

これはブロックチェーンネットワークを使用する理由の基本的な側面を取り除きます。

プロジェクトXチェーン(Project X-Chain)では、複数のブロックチェーンを『連鎖』し、分散型のウォレット交換を提供することで、真に分散したエコシステムを構築することを目指しています。

この技術を使用して、アプリケーションのライブラリを開発して、チェーンコインのコミュニティをさらに強化し、支援することができます。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。