←前の記事 次の記事→

【BURST】Burst(バースト)

Proof of Capacityアルゴリズムを用いた革新的なグリーン通貨。


Translate this article in English

【BURST】Burst(バースト)
Burst

通貨名(通貨単位):Burst(BURST)

最大供給量:2,158,812,800 BURST

現在の供給量(記事作成時):1,783,040,634 BURST

システム(アルゴリズム):Proof of Capacity

公開日:2014年6月12日

公式サイト:http://www.burst-team.us/

ソースコード:https://github.com/burst-team

Blockchain Explorer(取引詳細):http://burstcoin.biz/stats/

ホワイトペーパー:https://eprint.iacr.org/2015/528.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1541310

公式フォーラム:https://forums.burst-team.us/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/burst/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ネクストベースのProof of Capacityを用いた暗号通貨。
  • ハードディスクを用いることでマイニングが可能。
  • 強力なパワーを必要としないため、エネルギー効率が高い。

概要

創業者、起業家、投資家、メインストリートのための革新的なグリーン通貨。(BurstCoin v Bitcoin)

バーストコインとは

バーストコイン(Burstcoin)は、ブロックチェーンテクノロジーに基づくデジタル暗号通貨および支払いシステムです。

バーストコインは、2014年8月10日にネクスト(Nxt)ベースの通貨としてbitcointalk.orgフォーラムに投稿されました。

バーストコインは、マイナーがエネルギーのかかる永続的で複雑な計算方法の代わりにコンピュータ記憶域を使用する、Proof of Capacity(PoC)と呼ばれるアルゴリズムを使用して採掘されます。

バーストコインマイニングのエネルギー要件は、他の大部分の暗号通貨と比較して最小限であるため、バーストコインは証明に基づく暗号通貨の分野で最もエネルギー効率が高いものです。

ネクストブロックチェーンプラットフォームは開発の柔軟性を提供し、開発者が独自のアプリケーションを自由に作成できるようにします。

この意味で、バーストコインは、ビットコイン(Bitcoin)のような第1世代の暗号化された通貨とは対照的に、次世代の暗号化アプリケーションプロジェクト(しばしば『cryptocurrency 2.0』と呼ばれます)と考えることができます。

Proof of Capacityとは

まずProof of Work(PoW)は膨大な数の計算(作業)が行われたことを証明します。

PoWシステムでは、マイナーはハッシュ関数を通じて数値を連続的に実行し、入力を求めていくつかの制約条件を満たす出力を生成します。

しかし、Proof of Capacityでは、マイナーはこの作業を一度前もって行い、その結果を保存し、作業を継続しなくても各ブロックを使用し続けることができます。

Proof of Workを遅らせるという一般的な考え方は以前から提案されていますが、バーストコインのアルゴリズムの導入により、システムを不正な方法無しで簡単に実行可能に出来ます。

人々はProof of Capacityコインの意味を完全には理解しておらず、おもちゃのアルゴリズムと見なしています。

これはPageRankのGoogleの発明のように少しうまくいくかもしれません。

確かに、他の検索エンジン、さらにはいくつかの大きな検索エンジンがありましたが、必要な情報を見つける際に問題が発生しました。

Googleはこれを修正したアルゴリズムを発表しており、近い将来、人々はまもなくバーストのパワーをすぐに実感できるでしょう。/p>

Proof of Capacityによるマイニングは、これらのプロットされたハードドライブを使用してネットワークに電力を供給する行為です。

マイナーは、ネットワーク上に現れた未処理のすべての取引を『ブロック(block)』にまとめます。

次にマイナーは、所定のルールセットを使用して、ハードドライブから証明を引き出し、ネットワークに提出します。

結局のところ、ネットワークへの貢献度が高ければ高いほど、ネットワーク上でのパワーは大きくなります。

関心のある人たちのためのもう少し詳細で技術的な説明は、あなたのハードドライブを何千ものセグメントに分割し、プロット(plot)するときに、与えられたノンス(nonces)が有効かどうかを判断する適格なハッシュを計算することです。

有効な場合は、この番号をもう一度別のハッシュでランダム化して、この結果を格納する『バケット(bucket)』を決定します。

qualifyingHash = hash((public account number) concat (drive Id) concat (nonce))

If(qualifyingHash < target)

{

 bucketNum = hash(qualifyingHash) % (number of buckets)

}

それが有効であれば、そのバケツにノンスをハードドライブに書き込みます。

次に新しいノンスを選択し、プロットがいっぱいになるまで繰り返します。

ノンスのほとんどは有効ではありませんが、この新しいノンスの継続的チェックは、多くの計算が正しいノンスを見つけることになったことを証明する作業です。

マイニングでは、マイナーはマイナーの公開鍵を使って以前の署名を暗号化して署名することができます。

これにより、残りのネットワークによって再現可能な乱数が生成され、現在のブロック生成シグネチャになります。

マイニング中、生成シグニチャは、各マイナーの有効なノンスごとにハッシュされます。

8バイトがハッシュから得られ、逆難易度に関連するスケーリング係数で除算されます。

ネットワーク上でマイナーのブロックを見つける時、マイナーが多いほど難易度は高くなります。

結果の数値は秒数です。

最後のブロックが発表されずに何秒も経過するとすぐに、そのプロット/スクープを生成するために使用されたアドレス/ノンスの組み合わせは、新しいブロックをアナウンスする資格があります。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。