←前の記事 次の記事→

【BLOCK】Blocknet(ブロックネット)

ブロックチェーンに依存しない拡張性の高い暗号通貨。


Translate this article in English

【BLOCK】Blocknet(ブロックネット)
Blocknet

通貨名(通貨単位):Blocknet(BLOCK)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):3,910,516 BLOCK

システム(アルゴリズム):Proof of Stake

公開日:2014年10月20日

公式サイト:http://blocknet.co/

ソースコード:https://github.com/atcsecure/blocknet

Blockchain Explorer(取引詳細):http://block.blockexplorer.cc/chain/Blocknet/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=829576.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/blocknet/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • APIエコシステムを本質的に置き換える、貨幣化可能なトークンエコシステム。
  • dappによってサービスのマーケットリーチを大幅に拡大する能力収入の流れを生み出す。
  • ブロックチェーン技術による暗号経済主導のビジネスモデルの完全な活用を行う。

概要

ブロックチェーンに依存しない分散型プラットフォーム。
ブロックチェーンに依存しない分散型プラットフォーム。

ブロックチェーンのインターネット

ブロックネット(blocknet)は、今後のインターブロックチェーン時代を先取りしたテクノロジーエポックです。

現在のAPIエコシステムを本質的に置き換える、貨幣化可能なトークンエコシステムを搭載します。

ブロックチェーン技術の観点からは、ブロックチェーンが真の可能性を達成するためには、ブロックチェーンサービス間の幅広い一般的な相互運用性が必要です。

チェーン間の相互運用性がなければ、ブロックチェーンベースのサービスは、(a)ノードを運営する限られた顧客基盤の範囲内でのみサービスを提供するか、または集中したエンティティに配信するブロックチェーンの独自のセキュリティ特性を犠牲にするか、 チェーンの膨らみ、そして関連して、単一のチェーン上にさらなる機能を構築するという市場関連の問題に耐えることができます。

トークンエコシステムは、SaaS(Software-as-a-Service)の観点から、(a)サービスの比較的摩擦のない収益化、(b)独自の堅牢性、分散化、およびブロックチェーンのセキュリティ特性を活用します。

ブロックネットは、『ブロックチェーンのインターネット』を構築することで、APIの摩擦なしの収益化を可能にし、数千の独立したチェーンをトークンエコシステムに変換することによってブロックチェーン技術を強化することができます。

革新的な技術

ブロックネットは、暗号技術における革新的な進歩です。

異なるブロックチェーン上のノード間の真のピアツーピアプロトコルです。

これは、APIとアプリケーションプラットフォームを組み込んだテクノロジースタックの基盤であり、オープンエンドのアプリケーションを可能にし、開発時間を大幅に短縮します。

ブロックチェーンに基づくプロジェクトの未来

暗号通貨プロジェクトは、他のブロックチェーンや従来のネットワーク上でサービスとして機能することができるため、ブロックネットに加入するとユーザーベースと利益潜在力が大幅に向上します。

ブロックネットには中央通貨もコア通貨もないため、インターネットと同じくらい広く拡張することができる、真にオープンなインターブロックチェーンフレームワークです。

ブロックネットが可能にするもの

任意の種類のデジタルサービスをブロックチェーン上のノードから別のノードに配信する。

特定のブロックチェーンサービスが、『コインアプリケーション』ではなく『プロトコルサービス』として機能する、つまりコミュニティだけでなく、dappによってサービスのマーケットリーチを大幅に拡大する能力収入の流れを生み出します。

スマートコントラクトが『分散型アプリケーション(dapp)』ではなく『プロトコルトークン』として機能し、コード品質が多様なコミュニティの開発者の広範な貢献者の恩恵を受けることができ、それらの組み合わせ学習を活用し、チェーンの膨らみを防ぎ、ブロックチェーンを使用するユーザーだけでなく、ブロックチェーンを消費する市場全体にサービスを提供します。

マルチチェーンアーキテクチャーを使用してdappを作成し、使用可能なチェーンに関係なく関連するサービスを活用して、(現在は困難な)ブロックチェーンの選択肢を捨てることができます。

各ブロックチェーンが単一のサービスを提供し、他の多くのモジュールとモジュール式に統合され、より簡単なコンポーネント設計、バグ修正の容易化、およびアップグレードの容易化を実現するマイクロサービスアーキテクチャのキャパシティを生み出します。

固有のトークンを使用した、チェーン間およびマルチチェーンサービスの収益化。

ビジネスは、金融政策(ICO、取引手数料、デフレ経済学など)から直接的に『より自由度が高い』モデルから価値を引き出す、ブロックチェーン技術によって誘発された新しい暗号経済主導のビジネスモデルの完全な活用を行います。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。