←前の記事 次の記事→

【BLITZ】Blitzcash(ブリッツキャッシュ)

複数のブロックチェーンテクノロジーを提供するツールおよびプラットホーム。


Translate this article in English

【BLITZ】Blitzcash(ブリッツキャッシュ)
Blitzcash

通貨名(通貨単位):Blitzcash(BLITZ)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):4,084,181 BLITZ

システム(アルゴリズム):Proof of Stake

公開日:2016年6月9日

公式サイト:http://blitz.cash/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/blitz/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1504819.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/blitzcash/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ブロックチェーンテクノロジーの実際のアプリケーションを提供することを目指す暗号通貨。
  • ユーザーがポイントをデジタル通貨に換金できる最初のソーシャルエクスチェンジプラットフォームを開発。
  • GPS対応のフィットネス機器を使用してブリッツキャッシュを獲得するアプリケーションも開発。

概要

ブリッツキャッシュはブロックチェーンテクノロジーアプリケーションを提供を目指す暗号通貨です。(How to use TVE the next generation social exchange)

ブリッツキャッシュとは

ブリッツキャッシュ(Blitzcash)は、ツールとプラットフォームを通じて、ブロックチェーンテクノロジーの実際のアプリケーションを提供することを目指す分散型の暗号通貨です。

ブリッツキャッシュは、すべてのBlitzプロジェクトの中核をなすもので、Blitz Rewardプログラムを通じて保有者に利益をもたらします。

ブリッツキャッシュのウォレットであるBlitzPayは、ローカルストレージを使用して機密情報を保持し、トランザクションをローカルに署名します。

Blitzはユーザーの秘密鍵にアクセスできないため、安全に取引するために必要な信頼性が上昇します。

また、BlitzPayウォレットは、集中化されたサービスに依存せず、ユーザは必要に応じてローカルノードを操作できます。

現在のところ、このアプリケーションには、iOSとWindowsアプリケーションを搭載したChrome拡張機能とAndroidのサポートがあります。

そして、これは軽いアプリケーションなので、ユーザーはすぐにBlitzPayウォレットに完全にアクセスできます。

ブロックチェーンをダウンロードする手間は、ライトウォレットで完全に回避されます。

ヴァイラルエクスチェンジ

ヴァイラルエクスチェンジ(Viral Exchange)は、ソーシャルメディアのプレゼンスを高め、ユーザをウェブサイトに誘導する業界標準となることを目指しています。

企業や個人は、ソーシャルメディアの露出を増やし、ユーザーにアカウント、ページ、ビデオ、ウェブサイトを閲覧したり、共有したり、フォローしたりするインセンティブを提供することができます。

交換システムはとてもシンプルです。

ユーザーが他のメンバーのソーシャルメディアページをLIKE、Follow、または閲覧するたびに、彼らはバイラルポイントを受け取り、フォロワー、お気に入り、ビュー、またはウェブサイトやソーシャルメディアページへの訪問者を増やすために使用することができます。

ヴァイラルエクスチェンジは、ユーザーがポイントをデジタル通貨に換金できる最初のソーシャルエクスチェンジプラットフォームです。

ユーザーは、Facebook、Twitter、Google +、YouTubeアカウントでビットコイン、NXT、Blitzを獲得できます。

フィタライズ

フィタライズ(Fitalize)は、GPS対応のフィットネス機器を使用してブリッツキャッシュを獲得することができます。

フィタライズはユーザーにエクササイズを続けるための余分なインセンティブを提供します。

このアプリケーションは、ユーザーがFitBitアカウントをログインに使用しているため、ユーザーデータを保存しないため、場所の追跡やデータの販売の心配はありません。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。