←前の記事 次の記事→

【CSNO】BitDice(ビットダイス)

暗号通貨を用いたフェアなカジノプラットフォーム。


Translate this article in English

【CSNO】BitDice(ビットダイス)
BitDice

通貨名(通貨単位):BitDice(CSNO)

最大供給量:100,000,000 CSNO

現在の供給量(記事作成時):70,000,000 CSNO

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年7月30日

公式サイト:https://www.bitdice.me/

ソースコード:https://github.com/bitdice-me

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x29d75277ac7f0335b2165d0895e8725cbf658d73

ホワイトペーパー:https://ico.bitdice.me/prospectus_en.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2047543.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/bitdice/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • コスタリカで最初に公開された顧客中心の暗号通貨カジノ。
  • モバイル中心に焦点を当てたWebSocketテクノロジーを実装。
  • ダイスゲームだけでなく、スロットやルーレットなど、あらゆる種類のゲームを搭載する。

概要

ビットダイスは完全にフェアな暗号通貨カジノです。
ビットダイスは完全にフェアな暗号通貨カジノです。

ビットダイスとは

ビットダイス(BitDice)は普通のカジノではありません。

ビットダイスはペースセッターです。

我々は、カジノ業界を積極的に研究し、グレーの領域と実質的に改善できる領域を特定し、関心のあるユーザーからの意見の取り入れを積極的に行っています。

これらの情報を武器に、私たちは非常に便利で革新的な機能やシステムを提供することができます。

私たちのユーザーは、究極の暗号通貨カジノになるために最先端を前進しています。

ビットダイスは完全に顧客中心です。

私たちはゲームの経験を活気づけるような機能、オファー、システム、サポートを提供するためにあらゆる作業を費やしています。

私たちのゲームのスピードと応答性に関しては、同等はありません。

私たちはトレンドを設定していました。私たちは境界を押し進め続けます。

ビットダイスではさまざまな既存暗号通貨をサポートしています。

サポートしている通貨を使用してお気に入りのゲームをプレイすることができます。

ビットダイスはコスタリカで最初に公開された暗号通貨カジノです。

ビットダイスは、オンラインカジノ業界で最速のギャンブルのスピードを提供するために、モバイル中心に焦点を当てたWebSocketテクノロジーを初めて実装しました。

ビットダイスは、投資家の安全への献身的な努力により、Kelly Investmentシステムを初めて実装しました。

ゲーム

打ち上げ時にはビットダイスのカジノユーザーはダイスゲームをすることができます。

次のリリースでは、スロット、ルーレット、ブラックジャック、ビデオポーカー、バカラ、Plinko、BitAcesなど、新しいゲームの立ち上げでゲームの選択肢を広げていきます。

経験をさらに楽しくするために、プレイヤーはレベルアップして様々な賞品やボーナスを得ることができます。

さらにあなたは、さまざまなボーナスシステムと賞品からの利益をより大きく進歩させます。

あなたが受け取るボーナスは貴重なビットダイストークンの形になります。

プレイヤーはボーナストークンをBTCに交換することができます。

あるいは、プレイヤーはイベントで直接トークンを使用することができます。

ソーシャルゲームは飛躍的に成長しています。

そして、先見的なカジノの服装であるビットダイスカジノは、カジノのゲームをあまりにも盛んな活動から没入型社会のミクロコスムに変える機能を紹介しています。

オンサイトのチャットルームは、すべてのユーザーが自分の経験、善と悪を共有することを歓迎しますが、チャットに使用されるだけでなく、ゲームやイベントの場でもあります。

また私たちは、私たちが取る新しいステップごとにセキュリティを維持し、リリースを更新し、追加する機能に努めています。

私たちはあなたのプロフィールと資金を最終的に保護する豊富なコントロールと機能を備えています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲