←前の記事 次の記事→

【XAS】Asch(アッシュ)

様々な機能を搭載した、より効率的な分散型Appプラットフォーム。


Translate this article in English

【XAS】Asch(アッシュ)
Asch

通貨名(通貨単位):Asch(XAS)

最大供給量:100,000,000 XAS

現在の供給量(記事作成時):75,000,000 XAS

システム(アルゴリズム):Proof of Existence

公開日:2017年4月21日

公式サイト:https://www.asch.so/

ソースコード:https://github.com/sqfasd

Blockchain Explorer(取引詳細):http://aschd.org/

ホワイトペーパー:https://www.asch.so/asch-whitepaper-en.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1880303.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/asch/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • API提供などによってDAppの開発を簡単にさせるオープンプラットホーム。
  • 多数のサポート機能によって低コスト低リスクの開発環境を生み出す。
  • モノのインターネットのネットワークノード間の信頼問題を解決。

概要

アッシュを使用すると、ユーザーがアプリストアに分散アプリケーションを簡単に作成して展開できます。
アッシュを使用すると、ユーザーがアプリストアに分散アプリケーションを簡単に作成して展開できます。

機能と相違点

アッシュ(Asch)はイーサリアム(Ethereum)のようなモデルに基づいています。

アッシュは開発言語としてJavaScriptを採用したり、トランザクションデータを格納するDBMSをサポートしているため、DAppの開発を行おうとしている従来のWebアプリケーション開発者や中小企業にとって非常に魅力的です。

開発者の生産性を向上させることができない限り、プラットフォーム全体のエコシステムは持続的に開発されないと考えています。

アッシュはオープンプラットフォームでもあり、ファイナンス、ドキュメントストレージ、コピーライトプルーフなどの特定の分野に限定されず、基本的で抽象的な一連のAPIを提供しています。

加えて、アッシュシステムはコンセンサスメカニズムの一種であるDPOSアシストを利用して、ブロックフォークの確率と重複支払いのリスクを大幅に削減しました。

最も重要なのは、アッシュのサイドチェーンアプリケーションモードは、ブロックチェーンのインフレ問題を緩和するだけでなく、DAppをより弾力性を持たせ、特徴的にすることです。

総合的にアッシュは、次世代の分散アプリケーションのインキュベーターになることができる、将来性のある低コストのワンストップソリューションです。

サイドチェーンアーキテクチャ

サイドチェーンを採用する利点は、データの独立性であり、データの膨張でメインチェーンに負担をかけることはありません。

また、サイドチェーンを使用することで、ブロック間隔、取引手数料、報酬などのブロックチェーンパラメータをカスタマイズすることができます。

ビザンツのフォールトトレランス

アッシュシステムは、最大で1/3のノードに同時に障害が発生するのを許容することができます。

大部分のデリゲートが協力的に不正行為を行ったり、広範囲のデリゲートがハッキングされたりするなど、トランザクションやブロックはロールバックされません。

トランザクションの確認は非常に高速です。

通常、2つの確認のみで基本的な安全要件を満たします。

安全なサンドボックス

各アッシュノードには複数のサイドチェーンサブシステムをインストールでき、アッシュノードの所有者はサイドチェーンの開発者を信頼する必要はありません。

この目的を達成するためには、セキュリティメカニズムが必要です。

アッシュによって提供されるサンドボックスメカニズムは、サイドチェーンコードが所有者の情報を盗み出したりサーバーに損傷を与えるのを防ぐことが出来ます。

DAppストア

開発者が提出したアプリケーションはメインチェーンに登録され、ユーザーはメインチェーンのウォレットでブラウズ、確認、使用することができます。

アプリケーションは、代理人がダウンロードしてインストールするまで利用されないため、代理人は特定のメンテナンス料金を請求することができます。

また、このアプリケーションの証人として取引手数料を徴収することもできます。

分散型投票

現在、ブロック生産の目撃者は、主なチェーンに組み込まれた投票システムによって生成されます。

アッシュシステムは証人の数に応じてネットワーク全体の分散化レベルを調整し、計算パワーアタックとマイニングプール集中化の問題を防ぐことができます。

デベロッパーフレンドリー

アッシュシステムは、開発者がアプリケーションを迅速に作成できる一連のアプリケーションテンプレートとSDKを提供します。

従来のWebアプリケーション開発者は、開発言語としてnodejsをサポートし、ブロックチェーンのデータストレージとしてRDMSを使用することで、この手法を容易に把握することができます。

発行資産

コードがなくても、開発者はgenesis.jsonのいくつかの起源パラメータを調整するだけで完全なトークンシステムを発行することができます。

イーサリアムのサブ通貨と同様に、アッシュシステム内のトークンは、金、株式、担保、または他のタイプの資産として使用できます。

これらのトークンは、分散型の方法でサイドチェーンに転送されたXASで取引できるだけでなく、分散型交換で他の通貨と交換することもできます。

調停

買い手が知らない人と取引しようとしているとしましょう。

通常、取引がスムーズに進めることができれば、取引の両側は他人からの干渉を気にしません。

しかし、購入者が購入した商品に満足していないなど、どのステップで何らかの問題が発生した場合、紛争を解決するメディエータが必要な場合があります。

調停者は、払い戻しの買い手のように、決定を下すための何らかの証拠を提示するよう両当事者に求めることができます。

アッシュシステムは、開発者がこの種のアプリケーションを終了するのを支援する一連のマルチ署名APIを提供します。

分散型取引所

法律上の資金がサポートされているかどうかに基づいて、分散化には2つの種類があります。

法的資金をサポートする必要がない場合は、完全な分散化が実現できます。

それ以外の場合は、半分散化のみが選択肢となります。

この場合、合法的なお金はゲートウェイを介して転送することができますが、すべての取引情報は完全に開かれます。

また、完全分散化には、アッシュシステムが提供する『アトミック・クロスチェーン・トランザクションAPI(Atomic cross-chain transaction API)』で実装できるピアツーピア・トランザクションと、特定の金額を移転するために売り手を必要とする保留中のトランザクションの2種類があります。

他のブロックチェーンからアッシュのサイドチェーンへの資産の移動 移転は、親チェーンの固定資産のSPVによって完了されます。

また、DBMSでサポートされるジョイント・テーブル問合せおよび索引機能を使用すると、非常に効率的なマッチング・エンジンを実装するのが非常に簡単です。

Proof of Existence

Proof of Existenceは、このドキュメントの存在を証明できるように、ターゲットドキュメントのハッシュ値をアッシュのサイドチェーンに保存することによって、ドキュメントのコピーライトまたは特許を登録するために使用できます。

実際には、タイムスタンプや参加者の電子署名などの他のメタデータも、これらの文書を所持していたときから証明するために追加することができます。

すべてのプライバシー情報は偽造や公開されることはありません。

必要に応じて、サードパーティ機関の助けを借りずに簡単に情報を確認することができます。

モノのインターネット

IoTには巨大な装置が存在しており、中央の権限をすべてのノードのIDと同様に管理することを非常に困難にしています。

しかし、アッシュのサイドチェーンは、以下の理由から適切な解決策となる可能性があります。

まず、ノード間の信頼問題を解決しました。

すべてのデバイスは相互に接続されて分散ネットワークを構成し、コンセンサスアルゴリズムによってデバイス間のトランザクションの信頼性を保証し、すべてのトランザクションをトレースし、監査、分析することができます。

第二に、さまざまなタイプのデバイスを異なるサイドチェーンにリンクすることができます。

これにより、メインレジャーが爆発的に成長するのを防ぎます。

▲ サイト最上部へ移動 ▲