←前の記事 次の記事→

【ARK】Ark(アーク)

ブロックチェーンテクノロジーの開発と統合を通じて、ユーザーに革新的なユースケースを提供。


Translate this article in English

【ARK】Ark(アーク)
Ark

通貨名(通貨単位):Ark(ARK)

最大供給量:126,574,546 ARK

現在の供給量(記事作成時):95,324,546 ARK

システム(アルゴリズム):Delegated Proof of Stake

公開日:2016年10月15日

公式サイト:http://ark.io/

ソースコード:https://github.com/ArkEcosystem

Blockchain Explorer(取引詳細):https://explorer.ark.io/networkMonitor

ホワイトペーパー:https://ark.io/whitepaper/

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1649695.0

公式フォーラム:http://forum.ark.io/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/ark/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ユーザーに革新的なユースケースを提供するプラットホーム。
  • 高速なトランザクションにより高いスループットを用意。
  • 他にも分散化された投票システムや多数の機能を搭載。

概要

アークは大量採用のために設計された安全なプラットフォームであり、消費者が望み、開発者が必要とするサービスを提供します。(BOARD THE ARK)

アークについて

アーク(ARK)は、ブロックチェーンの世界を支えるテクノロジーの開発と統合を通じて、ユーザーに革新的なユースケースを提供します。

非常に柔軟で適応性の高いアークは、大量採用のために設計された安全なプラットフォームであり、消費者が望み、開発者が必要とするサービスを提供します。

ファスト

アークのコアは、8秒のブロック時間で超高速トランザクションを生成するように設定されています。

将来のスケーリングを容易に実装することで、アークが必要とするときはいつでもより高いスループットを利用できます。

分散型

アークは、他のDPoSコンセンサスモデルよりも分散化された投票システムを提供します。

投票の重みは、各投票に100%の重みを割り当てるのではなく、すべての投票に分けられます。

ネットワーク全体を買収することはほとんど不可能です。

ブリッジ

アークは、スマートブリッジを使用してよく知られているブロックチェーン技術を橋渡しし、ハイパーコネクティビティを実現することを目指しています。

持続的

ARKShieldプログラムは、アークに対する特別な保護層を提供します。

専門的に管理されたSustainability and Contingency FundまたはARKShieldは、開発を通じて安定した資金を提供します。

アークエコシステム

アークが保有しているエコシステムは以下のとおりです。

アークコミュニティ

27人のメンバーが共有するビジョンを実現するための団結した多様な人材が集結しています。

これらのメンバーはすべて、コラボレーションとArkエコシステムの開発に熱心に取り組んでいます。

物理的カードシステム

伝統的な銀行口座を持たない人々が利用できる身分証明書および転送機器。

これには、オフ・チェーン・トランザクションを管理するためのツールも含まれています。

ブリッジブロック

アークはスマートブリッジ(SmartBridge)と呼ばれるベンダーフィールドで他のブロックチェーンを橋渡しします。

これには、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、およびリスク(Lisk)が含まれますが、これらに限定されません。

基本となるトークン

これはアークコインを意味します。

コインは速く、安全で安定しています。

Delegated Proof of Stakeを利用することでネットワークが保護されます。

ハイパーメディアプロトコルプラットフォーム

ピアツーピアのIPFS(InterPlanetary File System)統合により、アークはメディアとホスティングの未来に突入することができます。

インタプリター:スケールブロックチェーンデータベース

ピアツーピアInterPlanetary DataBase(IPDB)は、ARKに統合されます。

IPDBの最終リリースを保留中。

一定の改善

私たちの開発者は、24時間体制でコアを改善しています。

それを速く、安全に、そして安定に保つ。

オプションのプライバシー

アークエコシステムの到達範囲を広げるため、オプションのプライベート・トランザクションを実装することを目指しています。

スマートブリッジシステムを介して実装される可能性が最も高いです。

自己の保持

開発者が望み、必要とするツールを開発するだけでなく、消費者が望み、理解し、使用するユニークなサービスも提供します。

▲ サイト最上部へ移動 ▲