←前の記事 次の記事→

【ANS】AntShares(アントシェアズ)

P2Pネットワークを介して実世界の資産をデジタル資産に変化させる分散型元帳プロトコル。


Translate this article in English

【ANS】AntShares(アントシェアズ)
AntShares

通貨名(通貨単位):AntShares(ANS)

最大供給量:100,000,000 ANS

現在の供給量(記事作成時):50,000,000 ANS

システム(アルゴリズム):delegated Byzantine Fault Tolerance

公開日:2016年8月1日

公式サイト:https://www.antshares.org/

ソースコード:https://github.com/AntShares

Blockchain Explorer(取引詳細):http://antcha.in/

ホワイトペーパー:https://github.com/AntShares/AntShares/wiki/Whitepaper-1.1

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1571738.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/antshares/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 中国初のオープンソースパブリックチェーンプロジェクト。
  • ブロックチェーンとデジタル資産のスマートコントラクトであるスマートアセットが存在する。
  • オープンソースであり、エントリーテストによって開発に参加可能。

概要

アントシェアズはピアツーピアネットワークを介した登録、預託、譲渡、取引、決済および決済を可能にする、実世界の資産をデジタル資産に変化させる分散型の元帳プロトコルです。(What is antshares)

アントシェアズブロックチェーン – 中国初のパブリックチェーン

中国初のオープンソースパブリックチェーンプロジェクト、アントシェアズ(AntShares)はスマートアセットプラットフォームとして機能します。

スマートアセットは、ブロックチェーンとデジタル資産のスマートコントラクトの組み合わせです。

アントシェアズは、資産登録、発行、および流通のためのよりスマートな方法を可能にします。

デジタルアセットは電子データの形で存在し、ブロックチェーン技術を使用すると、デジタル資産は分散化され、信用不要で追跡可能であり透明性が高くなります。

アントシェアズの基盤技術は、複数の種類のデジタル資産をサポートし、デジタル証明書を使用してパブリックチェーンの信頼を可能にします。

つまり、ユーザーがデジタル証明書で発行する資産は法律によって保護されます。

一方、より複雑なシナリオでは、スマートコントラクトを使用して資産の機能を強化し、豊かにすることができます。

また、ユーザーは資産と無関係の他の機能を持つスマートな契約を作成することもできます。

スマートコントラクトは、1994年にニック・サズボによって最初に開始された概念で、インターネットの歴史と同じくらい長い歴史を持っています。

Nick Szabo氏によると、スマートコントラクトは、事前にプログラムされた条件が満たされたときに契約条項を実行することができます。

スマートコントラクトがその価値を体現する環境を提供する、分散化、不変性、信頼性の高いシステムです。

P2P、dBFT、デジタル証明書、スマートコントラクト、超電導トレード、クロスチェーンオペレーションプロトコルを含む技術を介したアントシェアズブロックチェーンは、人々がスマートな契約を効果的、安全かつ合法的に管理できるようにします。

アントシェアズの開発者

アントシェアズはオープンソースのネットワークであり、GithubのすべてのコードはMITプロトコルに基づいています。

これは、誰でも興味があれば、私たちのコードをダウンロード、コピー、編集、フォークすることができます。

開発者はアントシェアズコミュニティの一員として歓迎されます。

開発者はAntshares of Developersのビデオから、ブロックチェーンとアントシェアズの技術的な特徴を知ることができます。

アントシェアズのエントリーテストに合格すると、アントシェアズのエコシステムで開発を始める前に、開発者はアントシェアズのコア開発者からの利益支援および直接なやり取りができます。

実世界とコンプライアンスのつながり

アントシェアズでの譲渡は、電子契約の形で行われます。

ほとんどの場合、資産の転送には、送信者と受信者の両方からの秘密鍵で署名されたデジタル署名が必要です。

場合によっては、資産の発行者からの追加の署名が必要です。

アントシェアズに資産を移転することは、単なるオフチェーン資産の移転の一元的な解決にすぎません。

当事者が入る可能性のある新たな法的関係は存在しないので、トークン化とは異なり、法律上の欠陥は排除されます。

また、アントシェアズはデジタル証明書を使用してユーザーID認証を実行します。

ユーザー(個人または組織)は、IDと制御された公開鍵との間の相関関係を証明するために、認証局(CA – certificate authority)からデジタル証明書を申請することができます。

CAはアントシェアズによって任命されるのではなく、取引の当事者によって自由に選定されます。

例えば、中国人ユーザは、MIITで認定された38のCAのいずれか1つを選択するか、または資本をCAに登録した企業を選択してID認証を行い、証明書の発行を行うことができます。

X.509デジタル証明書ソリューションではなく、アントシェアズはブロックチェーンを使用して証明書失効リストを維持し、ブロックチェーンベースのデジタル証明書とID認証ソリューションを徐々に開発する予定です。

▲ サイト最上部へ移動 ▲