←前の記事 次の記事→

【AE】Aeternity(エターニティ)

高速で安全なスマートコントラクトのために設計されたプラットホーム。


Translate this article in English

【AE】Aeternity(エターニティ)
Aeternity

通貨名(通貨単位):Aeternity(AE)

最大供給量:273,685,830 AE

現在の供給量(記事作成時):233,020,472 AE

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Cuckoo Cycle),Proof of Stake

公開日:2016年12月29日

公式サイト:https://www.aeternity.com/

ソースコード:https://github.com/aeternity

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x5ca9a71b1d01849c0a95490cc00559717fcf0d1d

ホワイトペーパー:https://aeternity.com/aeternity-blockchain-whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1733140.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/aeternity/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ステートチャネルによってスケーラビリティとスピードが向上。
  • Proof of WorkおよびProof of Stake両方を採用したハイブリッド通貨。
  • スマートフォンでも効率的にマイニングできる新しい機能を開発。

概要

エターニティは、分散したOracleを介して実世界のデータと連動する、高速で安全なスマートコントラクトのために設計された新しいブロックチェーンです。(What is aeternity blockchain?)

エターニティとは

スケーラビリティは(トラストレス)Turing-complete状態チャネルを使用することによって達成されます。

これは、イーサリアム(Ethereum)との大きな違いです。

このようにして、スマートコントラクトも分析しやすくなり、より安全になります。

現実世界のデータへのインターフェースは、予測市場に基づいた革新的なオラクルデザインを介して行われます。

ステートチャネルは、すべてのトランザクションが独立して処理されるためスケーラビリティが向上し、並列処理が可能です。

さらに、これは、契約が共有状態に書き込まれることはなく、テストと検証を大幅に簡素化することを意味します。

エターニティ(æternity)はトークン(AE記号、’æon’)によって供給されます。

プラットフォーム上で実装されたアプリケーションの基盤と同様に、プラットフォーム上で消費されるすべてのリソースに対する匿名トークンが支払いとして使用されます。

ジェネシスブロック内のAEの分布は、イーサリアム上でホストされたスマートコントラクトによって決定されます。

エターニティトークンは、アドレスとバランスを持つアカウントによって管理され、エイリアス(ネーミング)システムと共に実装され、これによって、エターニティアドレスにマッピングされた人にやさしい名前がサポートされます。

恒性のアイデンティティは基本的に(pubkey、hash、name)の3つです。

アカウントからのPubkey、エイリアスからの名前、さらにハッシュとIPFSなどのさらなるデータへのリンクが提供されます。

また、エターニティのブロックチェーンは、スマートコントラクトをより速く、より安全でよりプライベートにするステートチャネルを使用します。

すべてのチャネルが互いに独立し、チャネルに関連するすべてのトランザクションを並行して処理することができ、トランザクションのスループットが大幅に向上します。

スマートコントラクト

エターニティはスマートコントラクトを処理するためにMAST(Merkelized Abstract SyntaxTrees)を持つTuring-complete(新)仮想マシンを使用します。

これまでのスマートコントラクトは、所定のルールに従って資金を分配する財務契約の形で純粋な機能です。

MASTを使用すると、スマートコントラクトをブロックチェーンで実行する必要がある場合に、スマートコントラクトの関連する部分だけを公開し、高いスケーラビリティと機密性を実現します。

言語

エターニティのコアブロックチェーンコードはErlangで書かれており、フォールトトレラント、ソフトリアルタイム、高可用性、ノンストップアプリケーションです。

Erlangはブロックチェーンを書くのに最適な言語であり、優れた動作安定性と性能を実現しています。

ウェブとモバイル統合

エターニティはモバイルファーストであり、スマートフォンでも効率的にマイニングできる新しい機能を開発しました。

コアブロックチェーンと連携するJavascriptライブラリとREST APIにより、既存のWeb /モバイルアプリケーションやサービスへの統合が容易になります。

ReactJSは、UIのための2つの再利用可能なモジュールの選択のフレームワークになります。

これらのモジュールは、Webだけでなくモバイル上でも簡単に再利用でき、モバイル上のネイティブアプリまでコンパイルすることもできます。

Cosmos / Polkadot経由のEthereumとBitcoinブリッジも計画されています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲