←前の記事 次の記事→

【AEON】Aeon(イーオン)

軽量モネロを目指すプライベート特化の暗号通貨。


Translate this article in English

【AEON】Aeon(イーオン)
Aeon

通貨名(通貨単位):Aeon(AEON)

最大供給量:184,000,000 AEON

現在の供給量(記事作成時):14,454,012 AEON

システム(アルゴリズム):Proof of Work(CryptoNight-Lite)

公開日:2014年6月6日

公式サイト:http://www.aeon.cash/

ソースコード:https://github.com/aeonix

Blockchain Explorer(取引詳細):http://chainradar.com/aeon/blocks

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=641696.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/aeon/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 軽量版モネロを目指す暗号通貨。
  • 各トランザクションは堅牢な暗号で保護される。
  • リングシグネチャを使用してトランザクションを追跡できなくさせる。

概要

イーオンは暗号通貨ではありません。 それはライフスタイルです。
イーオンは暗号通貨ではありません。 それはライフスタイルです。

イーオンとは

分散化されたデジタル通貨はゆっくりと日常生活の一部になっています。

しかし、すべての主要なインターネットデバイスは、低消費電力CPUと限られた利用可能なストレージを搭載した携帯電話であり続けています。

イーオン(AEON)はこの時代を可能にし、世界中のすべての人々が、自分が所有しているガジェットを使って私的にお金を送受信する自由を持つ時代を実現します。

全体的にイーオンは、ライトコイン(Litecoin)が軽量ビットコイン(Bitcoin)を目指すと同様に、軽量モネロ(Monero)を目指しています。

モネロとCryptoNoteの技術的利点から引き続き、イーオンは独自の開発目標と独立したコミュニティを持ち、独自の通貨として成功することができるでしょう。

セキュア・プライベート・追跡不可

各トランザクションは堅牢な暗号で保護され、グローバルピアツーピアコンセンサスネットワークを通じて配布されます。

デフォルトではイーオンは暗号システムを利用して、各ユーザーの識別情報がブロックチェーン上に表示されることなく資金を転送します。

イーオンでは、リングシグネチャを使用してトランザクションを追跡できないようにしています。

つまり、ブロックチェーン解析を行っても、資金が使われたかどうかを判断することは非常に困難です。

▲ サイト最上部へ移動 ▲