←前の記事 次の記事→

【ELF】aelf(エルフ)

マルチチェーンと並列処理を使用したスケーラブルなブロックチェーンネットワーク。

【ELF】aelf(エルフ)
aelf

関連情報

通貨名(通貨単位):aelf(ELF)

最大供給量:260,000,000 ELF

現在の供給量(記事作成時):250,000,000 ELF

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年12月22日

公式サイト:http://aelf.io/

ソースコード:https://github.com/aelfProject

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xbf2179859fc6D5BEE9Bf9158632Dc51678a4100e

ホワイトペーパー:https://grid.hoopox.com/%C3%A6lf_whitepaper_v1.2.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2629781.0

公式フォーラム:-

公式ブログ:https://medium.com/@aelfblockchain

チャット:https://t.me/aelfblockchain

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/aelf/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • Linuxに似たオペレーティングシステムとして機能するブロックチェーンシステムを構築。
  • リソース分離の観点からメインチェーン+サイドチェーンアーキテクチャを採用。
  • ステークホルダーの投票参加により、活気のある商業的なブロックチェーンエコシステムを形成する。

概要

aelfはマルチチェーン構造と並列処理を使用した新世代のスケーラブルなブロックチェーンです。
aelfはマルチチェーン構造と並列処理を使用した新世代のスケーラブルなブロックチェーンです。

aelfとは

エルフ(aelf)は分散型クラウドコンピューティングブロックチェーンネットワークです。

エルフは独自の考えを持っています。

私たちの見解では、1つのブロックチェーンがこれらの要件をすべて満たすには不十分である場合があります。

エルフは、Linuxに似たオペレーティングシステムとして機能するブロックチェーンシステムを構築します。

パフォーマンスを最適化するために、エルフはクラスタ上でノードを実行します。

これは、トランザクションのミューテックスに基づいて、異なるグループに割り当てられたトランザクションを許可します。

グループ内のトランザクションは線形シーケンスで処理され、すべてのグループは同時に処理されます。

メインチェーンは、高いTPSとブロック形成の予測可能性を保証するためにDPoSコンセンサスプロトコルを採用する予定です。

割り当てられたノードグループは、ノードの処理効率およびその収益性に基づいて、トークン所有者によって選択されます。

リソース分離の観点から、エルフはメインチェーン+サイドチェーンアーキテクチャを採用しています。

つまり、各ビジネスシナリオには要件を満たす専用のサイドチェーンがあります。彼らは一緒に中央ビジネス地区を形成します。

ここでは、1つのユースケース用に1つのチェーンが設計され、複数のチェーンで異なるタスクを配布します。

リソースを分離することにより、システム全体の処理効率が向上し、システムの輻輳が大幅に軽減されます。

さらに、商業革新に追いつくために、エルフは各チェーンの複雑さを軽減するために、実行可能な最小限のブロックとジェネシススマートコントラクトコレクション(Genesis Smart Contract Collection)の基本コンポーネントを定義するモジュール式アーキテクチャを導入しています。

商用ユーザは、APIを介してチェーンを設計することができます。

より良いエコシステムのために、エルフは、利害関係者がコンセンサスプロトコルを再定義することを含め、プロトコルの改正を承認することを可能にします。

また、サイドチェーンではステークホルダー投票に基づいてメインチェーンに動的に参加または辞退することができるため、各サイドチェーンを改善するための競争とインセンティブが導入されます。

この投票メカニズムにより、より良いガバナンスモデルが実現されます。

私たちのインフラストラクチャーは、より商業的なユーザーの参加を得て継続的に進化し、活気に満ちた商業的なブロックチェーンエコシステムを形成します。

エルフはオープンソースが誰にとっても良いと考えています。

あなたが開発者であれば、telegramやslackなどを通じて、私たちに連絡することを非常に歓迎します。

ブロックチェーンのエコシステムをより良くするために、私たちはエルフを真のブレークスルーにするために全力を尽くしています。

暗号通貨の変革

過去数年間、この世界は急速な発展を遂げました。

まず、セキュアな分散型P2P転送メカニズムとして登場し、Satoshiのビットコイン(Bitcoin)は分散型暗号通貨の概念を証明しました。

その後、イーサリアム(Ethereum)は汎用性の高いスマートコントラクトを成功裏に実装してコミュニティに貢献し、ブロックチェーンの大きな可能性を多数のアプリケーションや業界にもたらしました。

しかし、これはブロックチェーンの始まりに過ぎません。

コミュニティとビジネス界の境界はまだ解消されていないためです。

私たちは、ブロックチェーンの次のフェーズがブロックチェーンと物理的なビジネス界の統合をリードし、はるかに頑強なデジタル資産を必然的にもたらすという転換点にあります。

ビジネスシナリオは目的と要件が異なり、違いを説明する2つの例があります。

第一に、産業は異なる商業的要件を有します。

例えば、サプライ・チェーン・システムや取引プラットフォームは迅速な確認が必要ですが、医療システムやIPシステムは安定した安全なネットワークに適しています。

第二に、すべての業界が急速に発展しています。

ブロックチェーンシステムに対する彼らの要求は、常に変化する環境に適応するように進化しなければなりません。

したがって、理想的なブロックチェーンは次のような性質を持っていなければなりません。

商業規模でのトランザクション/アプリケーションを処理する高効率とスケーラビリティ。

さまざまな業界のニーズを満たすスマート契約をカスタマイズする高い柔軟性。

将来の新技術への高い適応性。

公的および私的なチェーンと既存のブロックチェーン間の通信を可能にする高い互換性。

今のところ、ブロックチェーンテクノロジには、制限されたパフォーマンス、リソース分離の欠如、および作業ガバナンスモデルという3つの問題があります。

従来のブロックチェーンシステムでは、処理速度が低く、スケーラビリティが限られたリニア処理を使用することが多く、これにより、ガス料金が高くなり、トランザクションを確認する時間が長くなりました。

既存のチェーンの第2の欠点は、複雑なデータ構造を超えており、1つのチェーン上で多すぎるさまざまなスマートコントラクトがあることです。

1つの契約でリソースが多すぎると効率が低下し、システムの輻輳につながります(Bancor ICOなど)。

最後はガバナンスモデルであり、これはビットコインブロックチェーンに新しい機能を導入するという永続的な議論を見てきたためです。

▲ サイト最上部へ移動 ▲